災害列島・日本

発行されたばかりの新刊写真集『災害列島・日本〜49人の写真家が伝える〝地球異変〟の記録(扶桑社刊)』が届きました。ネットで注文したものですが、刷られて間もないからなのか、封を開けた瞬間にインクの匂いが部屋に広がりました。...

10年分の春を

横浜高島屋で東北の美味や工芸品を集めた『みちのく いいもん うまいもん(東北物産展)』が今月3日(水)から8日(月)まで開催されます。私がこれまで東北で撮影してきた写真がこの催しで展示されることになり、10年分の春をコラ...

サクラ咲く・とくしま春紀行

2020.2.26 横浜の実家にしばらく滞在し、久しぶりに徳島市へ戻ると、市内を流れる助任川沿いの蜂須賀桜がほぼ満開に咲いていました。この早咲きの桜はカンザクラの近縁種で、藩政時代はごく限られた人だけが見ることを許された...

自分たちのことは自分たちで決める

2020.1.23 20年前の1月23日、吉野川に計画された可動堰の賛否を問う住民投票が徳島市で実施された。住民投票で国の公共事業が問われた初めてのケースということもあり、徳島市での住民投票は全国の注目を集めた。 住民投...

希望の朝を

2020.1.5 昨年に引き続き、本年も制作に参加した一般社団法人徳島県建設業協会様の新年広告が徳島新聞一面に掲載されました。広告に使用していただいた写真は、台風19号の来襲によって堤防が決壊した阿武隈川流域で昨年10月...

20200101

2020.1.1 大晦日は渋谷へ出かけ、スクランブル交差点で新年を迎えました。2010年代は東日本大地震や熊本地震、台風等の自然災害が頻繁した10年になりましたが、これから始まる年が皆様にとっても笑顔溢れる日々になること...

不信感の行く末〜これからもここに

2019.11.30 長崎県と佐世保市が川棚町を流れる石木川にダムを造る計画を立ててから、半世紀近い年月が経った。県は計画の立案から今日まで石木ダム推進の立場を変えておらず、強制収用という手段を用いて、水没予定地とされる...

父娘、チームメイトと勝ち取った金メダル

2019.11.14 10月上旬、石木川のほとりに暮らす18才の女子高校生がソフトボールで日本一に輝いた。 長崎県佐世保市にある九州文化学園高等学校へ通う川原ほのかさんは、県代表のピッチャーとして茨城県で開催された「いき...

5年ぶりの知事との面会

2019.9.23 ・石木ダムが計画されている川原地区全景。水没予定地とされる石木川のほとりには現在13世帯が暮らす 雲ひとつない青空の下、一台の大型観光バスが長崎県川棚町の川原(こうばる)地区を出発し、長崎県庁へ向かっ...