青春5月党の新作戯曲「町の形見」の感想

久しぶりのブログです。 心が揺さぶられるほど感動した出来事を、忘れても思い出すことができるように記しておきます。 * 東北での取材を終えて東京へ戻る前日、帰京を一日伸ばして福島県南相馬市に滞在し、2015年4月に南相馬市...

泡盛の香りに。

友人から古い50CCのスクーターを貸してもらい、沖縄本島南部にある県営平和祈念公園の「平和の礎」へ出かけた。 本島南部に点在している戦跡は何度か訪ねたことがあった。 だけど、これまで平和の礎だけは足を運んだことがなかった...

二度失われる故郷のこと

4年前の今日、福島県大熊町から会津若松市へ避難しているふたりの女性と一緒に彼女たちの自宅へ出かけました。 月に一度しか許可されない一時帰宅への同行。 彼女たちとは少し前に知り合い、一時帰宅する際は声を掛けて欲しいと伝えて...

骨のかけらと故郷への思い。

長崎県が計画を進めている石木ダム事業の是非を巡る議論は、右や左といったイデオロギーとは無縁のもので、計画に反対している住民の思いは党利党略とはかけ離れたものです。 社会情勢が計画立案当時から大きく様変わりした現在、莫大な...

抗議文提出の報道記事をまとめました

長崎県知事への抗議文提出から一夜が明けました。 昨日の夕方には地元テレビ局である「NBC長崎放送」のローカルニュース枠で、事実関係だけでなく抗議文提出に至る私の思いなどが報じられました。 ※ 抗議文の中身や経緯 抗議文提...

5年9ヶ月ぶりにつながった線路

2016年12月10日。東日本大震災の津波被災により不通区間だったJR常磐線「浜吉田〜相馬」が開通し、5年9ヶ月ぶりに福島県南相馬市と宮城県仙台市が鉄道で結ばれました。 不通区間には4つの駅あり、このうち津波の被害が大き...

失われるかもしれない美しい場所で

2016年10月30日。長崎県川棚町を流れる石木川のほとりで一日限りの音楽イベント『A WITNESS TO KOHBARU IN AUTUMN − 失われるかもしれない美しい場所で』が開催されました。 タイトルに「失わ...