吉野川に架かる潜水橋を高校生のカップルが走り抜けていった。

ふたりは橋を渡り終えると河原へ歩いて向かい、まるで踊るように川へ石を投げはじめた。
とても楽しげで、微笑ましく素敵な光景だった。

彼らの大切な思い出のなかに、この吉野川の風景も刻まれるのだろう。

夕日を反射してオレンジ色に輝く川面。
波紋が何度もひろがり、太陽が山の向こうへと沈んでいった。